選ぶポイント

着付け

マナーに気をつける

華やかで落ち着いた雰囲気のある留袖は、女性のフォーマルシーンでは欠かせない着物です。中でも地の生地がカラフルな色留袖は、本来既婚女性の礼装である留袖でありながら、未婚女性でも着用できるため、1着持っていれば生涯に渡って愛用する事が出来ます。地に色がついていると一見して訪問着のようですが、色留袖の場合には裾付近のみに柄があしらわれているので、見分けることが出来ます。最近ではこの訪問着代わりに色留袖を着用するケースもみられるなど、活用する幅は広がっています。ただ、留袖は女性用の着物の中で最も格式高い着物であるため、着用の際には色々と気をつけるべき事があります。知らないと恥をかいたり、場の空気を壊してしまうかもしれないので、よく勉強しておきましょう。気をつけたいポイントの一つに、まず色選びがあります。特にレンタルをする場合などは、ある程度自由に選べるので好みの色にしたくなると思います。しかしこれが友人や知人の結婚式に呼ばれている場合で考えると、なるべく派手な色は避けるのがマナーになります。理由としては主役となる花嫁さんより目立たないため、というものです。特に白や赤系統などは、花嫁さんが白無垢や色打掛で着用する機会の多い色なので、避けたほうが無難です。次に注意したいのが、家紋の数です。フォーマルな着物には家紋を入れる決まりがありますが、その数は少ない方から1つ紋、3つ紋、5つ紋と3パターンがあります。数が少ないと格式が下がるので、結婚式などで新郎新婦から近しい親族が着用する場合は5つ紋が基本となります。一方友人や知人は親族より格を下げる必要があるので、3つ紋以下の留袖にするのがマナーです。